主婦memo.chiiの結婚に関する体験&日々のblog

人生の節目である、結婚・2人暮らし・ハネムーン・日々の節約、時短レシピを主に紹介するブログです。

夏においしい!トウモロコシのふっくらおいしい茹で方はこれ!

皮がついたとうもろこし

下処理の仕方に迷ったら見て解決!

 

 

はじめに

こんにちは。memo.chiiです。

 

美味しそうな国産のとうもろこしをスーパーで発見して買って帰りました。

 

こんなときは、オーブンで焼いたりも良いでしょうが、わたしはふつうに茹でて食べます。

 

基本的な茹で方について書いてみます。

 

材料

・とうもろこし1本

・塩 適量

 茹で方

①まず、とうもろこしの皮をむいて、ヒゲ根をとり、流水で洗います。

 

②鍋に①のとうもろこしをそのままいれてもいいですが、わたしは食べやすいように先に包丁で4当分に切ってからいれます。

f:id:memochii:20190602211354j:image

③②の鍋にとうもろこしがかぶるくらいのたっぷりとみずをいれ、中火にかけます。

f:id:memochii:20190602211422j:image

④沸騰したら中火のまま3分ほど茹でます。

 

⑤④の鍋のお湯をすて、4分くらい、塩水をいれてとうもろこしをつけて冷まします。(塩を湯に対し2パーセントいれる)

f:id:memochii:20190623143303j:image

←別日に丸々一本で茹でてこのように茹でた鍋で冷やしてみました。あとで輪切りに切っても良いですよ。

⑥ざるに上げて水気を切って完成です。

 

 

 

おまけ

とうもろこしについてちょっと調べてみました。

"とうもろこしの話
とうもろこしの名は、唐から来たもろこし(きび)が由来です。もともとメキシコやアメリカを中心に栽培されている野菜です。栽培の歴史は古く、古代文明にまでさかのぼります。日本にわたってきたのは16世紀ごろ、ポルトガル人によって長崎に伝えられたといわれています。食用のスイートコーン種はみずみずしく甘みが強いタイプです。栄養価が高く主食がわりにもなる野菜です。"

 

 

"とうもろこしの栄養の話
とうもろこしは、米、麦に並ぶ世界三大穀物です。野菜の中ではカロリーは高めで糖質が主成分で、エネルギーの補給源となります。胚芽部分にはビタミンB群を豊富に含み、ビタミンEやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどをバランスよく含む栄養価の高い野菜です。また粒の皮は、セルロースという不溶性の食物繊維でできています。"

 

2つの引用元:

kewpieとうもろこしの基本情報

https://www.kewpie.co.jp/recipes/knowledge/article/11/

(最終閲覧2019年6月1日)

 

栄養も豊富でおいしいのは嬉しいですね。子どもにも人気な野菜の1つですよね。

 

 

 

【 送料無料 】 九州 熊本産 定番旬野菜 7品以上保証 安心 くまもと ミニ 野菜セット 【 九州 熊本 野菜 セット 詰め合わせ 小 盛 食材 グルメ ご当地 お取り寄せ ギフト 母の日 父の日 お中元 お歳暮 贈答 】


感想(1478件)

さいごに

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

これで粒がプリップリのおいしいとうもろこしのできあがりです。

 

ほどよく、塩気があるのでそのまま食べてとうもろこし本来の甘みが増しておいしいです。( ´ ▽ ` )

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

他にもこんな記事を書いています。よろしければ読者登録お願いします。私も皆様のブログを楽しく拝見しています♪

 

それでは、また♡