主婦memo.chiiの結婚に関する体験&日々のblog

人生の節目である、結婚・2人暮らし・ハネムーン・日々の節約、時短レシピを主に紹介するブログです。

ペーパーアイテムを手作りするメリットとデメリット

ペーパーアイテムって何?

手作りしてみた元花嫁のリアルな感想!!

 

ダッフィー ウエディングケーキ 電報 * ウエルカムベア ウエルカムドール ディズニー ダッフィー 電報 ぬいぐるみ 電報 結婚式 電報

価格:10,988円
(2019/5/1 00:54時点)
感想(78件)

 目次

はじめに

こんにちは。memo.chiiです。

 

これを読まれている方はきっと、結婚式でペーパーアイテムを手作りしようかどうしようか迷っている方だと思います。

 

わたしもその1人でした。

結婚式を検索すると自分でペーパーアイテム作りました!っていうのがたくさん出てきて、「これ素敵!自分でもこんなのが作れるんなら作ってみようかな?」

と思ったり、

 

式場見学に行って見積もりしてもらうと「今はペーパーアイテムは皆手作りされます。手作りしたら安くなりますよ♩」って言われ、式場見学と同時に手作りでペーパーアイテムができるか調べたり少しずつ作り始めていました。

 

今日は結婚式でわたしが手作りしたペーパーアイテムと作ってみて感じたメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

 

よろしければ以下も読んでみてください。(*^^*)

 

 

ペーパーアイテムとは

結婚式でかかる費用の1つに【ペーパーアイテム】があります。

 

ペーパーアイテムの種類

芳名帳(ゲストブック)・・・ゲストの方が、受付でお名前とご住所などを書かれる帳面です。

 

招待状一式・・・挙式の披露宴にご招待するご案内状です。

 

メニュー表・・・テーブルに配置します。料理のメニュー表です。

 

席札・・・お名前が書かれた席の札です。結婚式のテーブルの上にあるのでゲストが  披露宴会場に着くと真っ先に目に入ります。中にゲストへのメッセージなどを書く人も多いです♡

 

席札&メニュー表 手作りキット【マムール】 結婚式 ペーパーアイテム サンクスカード (オーダーメイド印刷可)

 

 

席次表・・・受付で渡され、その席次表の自分の席を見て、ゲストが会場に入ります。見て、すぐ自分の席がわかるように、式場のテーブルの配置と合わせたデザインで作られます。

 

プロフィール・・・自分たちの簡単な自己紹介と写真付きで渡します。されない方もいます。

 

サンキューカード・・・ゲストに感謝の気持ちを込めて渡すものです。2人からのメッセージや新居の住所・氏名を添えて、引き出物などに付けて渡すことが多いです。

 

元花嫁のわたしが手作りしたもの

 

①の芳名帳②の招待状一式④の席札⑥のプロフィール⑦のサンキューカードです。 

プロフィールは席次表とセットになったデザインもあります。

 

席次表は手作り難易度高し★★★★☆

 

⑤の席次表もギリギリまで試作し、作りかけましたが、やめてプロにお願いしました。

 

実際に作って見て難しかった理由を以下に挙げてみます。

 

  • 結婚式110人程のゲストの出席を予定していたので、世帯に1枚でと予備で、100枚は必要でした。また、A3の用紙で1枚で刷るには、家にあるプリンターではできなかったので断念しました。

 

  • ギリギリまでA4を2枚張り合わせる形やら試行錯誤しましたが、文字の配列も式場のテーブルに合わせて入力し、見栄えの良いように文字を配列するのも本当に細かな作業で大変でした。

 

  • 例えば漢字3文字の人は漢字4文字の人と様で合わせないといけないですし、お子様ゲストのちゃん、くん、なども様の一文字に合うように小さく指定したり、肩書きもあまりに小さいと印刷したときに滲んで見えなかったり…欠席者が出るとその度に、微調整と確認作業でした。

  

  • 用紙もなかなか良い素材が見当たらず探すのに苦労しました。(><;)

文房具屋をハシゴしましたが、和紙のようなタイプだと滲んでしまったり…。席次表用!とかって簡単に見つかるかと思っていたら個人用になかなかないものなんですね。( ; ; )

上司・恩師も呼んでいましたので、ペラペラな紙だと失礼な気もして厚みや素材にも気を遣いました。

 

以下、これから席次表を手作りされようとお考えの方に思うことを書いてみます。

 

  • 式のゲストの人数にもよりますが、100人ほどであれば式場に頼んだほうが上質な紙で見栄えの良い一枚物の席次表に仕上がるので、悩んで労力を使うより始めから頼むのもオススメだと思います。

 

  • 席次表はわりとギリギリの式の2週間前~1週間前ほどから印刷し始めるのがほとんどで、2週間前となると花嫁さんも最終打ち合わせやエステやら忙しいと思うので無理しないほうがいいですよ!

 

  • もしもを想定しておきましょう。プリンターが故障、うまく印刷ができないなど不具合があってもきっと焦ります。(最終の確定の出席者で席次表に入れるため)おもて面、裏面と刷るデザインであれば、さらに時間もかかるでしょう。
それでも手作りされている人もいるので、結婚式のゲスト人数が少ない、手作りできそうならチャレンジしてみて、できなければ注文(期日があると思うのでそれまでに)が良いかもしれません。

 席次表の見本を作ったことのメリット☆☆☆☆☆

  • もし席次表を業者にお願いする場合でも、簡単にでいいので、パソコンまたは手書きで席次表は作っておくと便利です。私の場合、業者にお願いすると結婚式の10日前からなどから作成に入るので、出来上がりの現物をいただいたのは、前日でした。

 

  • 出席者の名前がきちんと全員入っているか、欠席になった人には〇月〇日に欠席と書いておいて、チェックもできました。いつ何人予定より減ったかが一目瞭然でお料理や席のことでプランナーさんにも連絡し忘れがありませんでした。

 

  • 結婚式当日に誰がどこに座るのか早めに知りたいと両方の両親から言われたので、先に見本として渡せたのと、自分たちも把握することが出来ました。親も早めに心構えができ安心できたようです。恩師や上司にはご挨拶やら、御礼を渡してもらう予定でしたしきっと早めに席の配置図がほしいと思います。

ペーパーアイテムを手作りする時に必要だったもの

 

ペーパーアイテムの本(CD付き)を使いました。←もしパソコンにインターネット付いてなくても大丈夫です。簡単に例えると、年賀状の時期にデザイン本にCDが付いて売られていますよね、そういったものです。

 

1から一つ一つ作るのは大変ですが、こういったものを使えば誰でも簡単に手作りできます。

 

★ペーパーアイテムの本を選ぶ時は、

結婚報告はがき、年賀状まで後まで使えるデザインを選びましょう。大変便利でした◎

 

手作りするメリット・結果

(わたしが考えるペーパーアイテムを手作りしたことのメリットを書いてみます♡)

 

  • オリジナリティー性が出せたこと。

 

  • ゲストのことを思いながら準備から結婚式を楽しむことができたこと。

 

  • 旦那さんと協力して作ることで思い出にもなったこと。

 

  • 自分で作ることで自然にゲストの名前や続柄に目を通す機会が増えて覚えれることができたこと。

 

  • 試作して納得いくまで作り変えることができたこと。

 

  • 追加がいるような状況でも、枚数を簡単に増やすことができたこと。

 

  • 簡単に訂正することができたこと。

 

  • 式場での打ち合わせや準備の時間が減り、家で作業ができたこと。

 

  • 自分のペースで作れたこと。

 

  • サプライズな演出で喜んでもらうことができたこと。

 

 

 

デメリット

(大変だったこと)

  • 労力と時間はかかったこと。

はじめから覚悟しておいてください。( ̄v ̄;)時間に余裕がない方や、勤めておられる花嫁さんなどは、無理せず業者にお願いするのが良いと思います。ストレスも半端なくイライラすることもありました。(>_<)

 

zexy.net

参考リンク:(最終閲覧2019.04.22)

 

結婚式後に片付け・廃棄するものも出てきたこと。

→せっかく買ったものが残った場合の有効活用の提案

 

・材料で新品、使わなかった物はフリーマーケット販売して使う人に使ってもらいましょう!

 

・ペーパーアイテムは個人情報だけ捨て、裏面などメモ帳代わりに活用しましょう!

 

 

 

注意すること

  • ペーパーアイテムを自分で作ったり外部で頼みたい場合は必ず事前に、式場に確認しましょう。(できれば契約前に話しておいたほうがいいです。)

 

 →わたしの場合は作れるかは自信もなかったので、「できれば、自分で作りたいんです、できなかったらお願いすることもできるんでしょうか?」とどちらにも動けるように話して契約しました。聞くと、いついつまでなら提携の業者さんにも頼めるようで安心ができました。持ち込み自体を禁止される場合もあるかもしれません。

 

  • いったん少量の試作をつくって、招待状など文章があるものはプランナーさんに一度、見てもらいましょう。O.Kが出て、必要分作成しました。

 

→自分では良いと思ってもわかりにくかったり失礼があるといけません。プラン  ナーさんは結婚式を数多く見ておられるプロなので相談してみると解決できたりします。

 また、自分で勝手に進めて印刷した後でミスや修正に気付いたときに、インクや印刷用紙も無駄になってしまいます。それで追加お金がかかっては元も子もありませんよね。(><;)

 

  • 他のペーパーアイテムもいったん試作してみてコストと労力を考えてから人数分の材料を買い足し、作りはじめました。

←あれもこれも使えそうと材料をそろえると、単価は安くてもあっという間に大きな金額になることもあり得ますから。細目に結婚式用で費用を使った日に書いておくことをおすすめします。

 

ペーパーアイテムを手作りすると節約の噂?

わたしの場合、一つ一つの単価は確実に抑えてできたと思うのですが、実際には試作で材料を買って試したり、パソコンを使えばパソコンの電気代、インク代、用紙代とかかるわけですから大幅にダウンにはならなかったように思いますね。あと、振り返ってみると、労力を考えると見合わない気もします。(笑)

 

ただでさえ、打ち合わせなどで決めることも多いので、節約はあまり意識しすぎず、できる範囲で楽しみながら作りましょう♡(*^-^*)せっかくの結婚式です。どうしても作りたいものやりたいことは妥協せずやったほうがいいです♪

 

手作りしない場合の方法

・式場の提携の業者さんで発注する

・自分でネットで調べ発注する

www.piary.jp

参考リンク:(最終閲覧2019.04.22)例えばこの『ピアリー』さんならペーパーアイテムで使う可愛い用紙など材料を買うこともできますし、印刷込みのキットもあるので便利です!

 

が挙げられると思います。その場合はどのような方法でどこまで業者さんがしてくれるのか、連絡の取り方、デザイン、費用などを比較して決められると良いと思います。

 

 

 

手作りが向いていると思う人

 

  • 器用な人
  • 物作りが好き、得意な人
  • パソコンの基本的な操作ができる人
  • 想像力豊かな人
  • オリジナルの結婚式が挙げたい人
  • 時間に余裕がある人
  • 仕事を退職している人
  • 結婚式費用を抑えたい人←それほど極端にお安くはならないかもしれませんが若干抑えることはできるでしょう。ただ、労力には見合いません。人数にもよるでしょうが、手作りは結構、大変です。

 

 

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

わたしの場合は結婚後に退職しており、家にいる時間を少しでも有効に使いたくて動いていたのもありますし、もともと物を作るのは嫌いじゃない性格なので楽しく取り組めました。

 

ペーパーアイテムの中でも、わたしが手作りし完成した中でいうと、最も大変なのは招待状でした。どういったものを入れるかなどはまたの機会に書いてみようと思います。

 

期限が決められていて人数分一つ一つ作らないといけないというところが少し大変ですが、簡単に業者を通さず追加したり削除したりできるのでその点は良かったです。

 

興味のある方は是非作ってみてください。

 

少しでも参考になれればうれしいです。(*^-^*)

他の記事もよろしければどうぞ。興味を持ってくださる方は読者登録していただけると嬉しいです♪皆様のブログも楽しく拝見させていただきます。

 

www.memochii-blog.com

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

www.memochii-blog.com

 

 

 

 

 

 

それでは、また。